肩の痛みの原因は肩以外にある!?当医院でたびたび起こる体験談をお伝えします。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
痛み

私のクリニックには、毎日、こんな方がいらっしゃいます。

体の痛みが消えず、さまざまな病院でさまざまな検査を受け、さまざまな治療をすべて試したけれど効果がなく。病院だけでなくカイロプラティック、鍼灸、整骨院とさまざまな治療院で施術を受けたけれど効果がなく。もうあきらめるしかないと思っていたとき、私のクリニックを知り、期待はしていなかったけれど藁をもつかむ気持ちで指導を受けたら、指導の途中からあれほどひどく続いていた痛みが嘘のように消えていた。

そんな患者さんが、ひとりではなく、毎日たくさんの方々が途絶えることなく私のクリニックの扉を開けてはいっていらっしゃるのです。
実は、現代医学ではまだ解明されていないことが無数に存在します。

医学的には手遅れと見放されていたがんの患者さんが、最先端の現代治療でも治せなかった末期がんの患者さんが、劇的に生還された症例は無数に存在します。

しかしながら、説明がつかないからといってその事実が黙殺されたりすることは残念ながら少なくないようです。ひとの生死に関わるがんでさえ、現在の医学では説明できない事実は、黙殺されるのです。

まして、私が関わる痛みの指導が医学的な根拠に欠けると無視されても、それは仕方のないことなのかもしれません。
エビデンスという言葉がしばしば口にされます。

医学分野では、ある治療法がある病気や怪我、症状に対して効果があることを示す根拠や検証結果、臨床結果を指す、エビデンスといわれます。

しかし、毎日これだけの患者さんが医学では治せなかった痛みから解放されているというその事実くらい明白なエビデンスはありません。
そして、こういった状況に独り挑戦するべく、私は、これまでの医学では説明が不可能とされている、痛みを改善する理論と指導に人生を捧げる決意をしたのです。

私の研究と指導の詳細をご説明する前にはっきりさせておきたいことがあります。
まず、私は、現代医療を否定する者ではないということです。

痛みにとどまらず、さまざまな病気や症状に冒された人のほとんどは、まず現代医学に頼ります。

ところが、現代医学による治療では治らなかった痛みに対して、現代医学はあまりに無力というしかないのです。
さまざまな鎮痛剤を処方されるか、原因不明というひと言で片付けられるか、その両方か、いずれにしても抜本的な痛みの解決は放棄され、患者さんはただ我慢し、痛みとともに生きていくしかないのです。

しかしながら、私のクリニックにいらした患者さんは、ほとんどの方が痛みから解放されていくのです。

取れない方も、痛みの原因がわかり納得される方が多いです。

私は、患者の方々にただ押しつけるだけの希望をご提供するつもりはありません。
けれど、来る日も来る日も劇的に痛みから解放される患者さんが現実に存在するということだけは事実として申し上げさせていただきます。

確かに私の指導方法は、現代医学の常識の範囲からは逸脱した方法かもしれません。でもそれは、いまの医学の知見では説明できないというだけであって、現代医療の知識では説明しきれない方法、アプローチだからといって否定されるものではありません。

そして、たくさんの患者さんが痛みから解放されているというこの紛れもない事実は、いつか未来の医学界でその科学的・医学的根拠をはっきりと解明されるものと私は確信しております。

その根拠がいつか発見され、体系立てられ、医学界の新たなる知見としてより多くの痛みに苦しむ患者さんを救うようになることを私は信じて疑わないのです。

現代の医学では説明がつかないからといって、それが事実と反するといったら、これまでの医学・科学の歴史のなかで、どれだけのことが否定されてきたかを顧みれば明らかです。

データの分析や、臨床試験をはじめ、膨大な医学的・科学的証明がなされるまで、もしかしたらあと何年、何十年かかるかもしれません。
それでも、私はこれからご説明する私の仮説が、多くの患者さんの痛みを取り去っていることは、他ならぬその患者さんの脳と体が誰よりも雄弁に証明してくれているのです。

そして、自らの痛みに対して苦しみ、悩み、途方に暮れているひとりでも多くの患者さんが、私のNeuro Awareness理論と技術により、少しでも早く痛みから解放されることを願わずにはいられないのです。

私には大いなる夢があるのです。

いつか私のNeuro Awareness理論が、医学的にも科学的にも証明され、痛みに苦しむ世界の人たちを痛みから解放する痛み改善のスタンダードになる、その日が、必ずややってくるという。

そして、原因不明の痛みに苦しむすべての人が、それぞれの痛みから解放される、そんな日が必ずやってくるという、そんな大いなる夢があるのです。

その大いなる夢を現実にするために、きょうも私のクリニックの扉を叩いてくれるたくさんの患者さんの痛みに向き合っているのです。

ブレインズ・コンセンサス・コミュニケーションズ代表
岡田哲也

「痛みが和らいだ!」「いい情報だった!」と思われた方は、
ぜひご友人やご家族にも教えてあげてください。

  • LINEで送る

copyright © Neuro-Awareness®

copyright © Neuro-Awareness®